本頁作成日: 2015年9月20日


the Incidents 18



 2015.09.20
 ■国勢調査のために用意された国の Webサイトに対し、善意を持った“偽者”が出現■
     (そもそもが、注意喚起されたことを有耶無耶にしたい雰囲気みたいなものが国にはあるのでしょうか?)

表題の通りです。

総務省統計局がオンラインで国勢調査を行うために作成した Webサイトの“偽者”が発生した(していた)模様です(※1)
ただそのサイトには“らしからぬ”ところがあり、最初から自らが“偽者”だと、はっきりと名乗っている(いた)ようです。

Twitter などで拡散され、賛否両論。中には「怖い」という声もあったようですが、むしろ、こういう注意喚起するサイトは、
検索して出てきたサイトを何でもクリックしてしまう人にとっては、いい薬だったんじゃないでしょうか?

それと総務省の対応。「怖い」という声が上がったら、コンテンツ削除させて、何もなかったことにしてしまうんですか?
本物の“偽者”なら、種明かしせずに粛々と ID やパスワードなどのファーミングを行われているところではないですか?
「盗まれたところで大した情報はそこにない」は、今回、たまたまそうだっただけではないんですか?

  ※1:過去形で書くのは、これを書いている現時点で、そのサイトのオリジナルを模した部分が削除されているからです。



参考情報

  2015.09.20
  リンク先は当サイト外です。 ITmedia/ ニュース/ :
  国勢調査の“偽サイト”作った意図は? 総務省から削除依頼……「騒ぎになり深く反省」と制作者
  http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1509/15/news083.html






 ■ ご注意 ■

当サイトでの、上記のような記事に速報性はありません。
ご使用のコンピュータの OS や周辺コンポーネント等に纏わる脆弱性情報に
絶えず注目していく必要があります。



  リンク先は当サイト外です。 経済産業省/ 情報セキュリティに関する政策、緊急情報/
    コンピュータウイルス対策基準
    http://www.meti.go.jp/policy/netsecurity/CvirusCMG.htm

  リンク先は当サイト外です。 総務省/
    国民のための情報セキュリティサイト
    http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/security/

  リンク先は当サイト外です。 独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター (IPA/ISEC)
  http://www.ipa.go.jp/security/

  リンク先は当サイト外です。 総務省・経済産業省 連携プロジェクト サイバークリーンセンター
  https://www.ccc.go.jp/

  リンク先は当サイト外です。 有限責任中間法人 JPCERT コーディネーションセンター (JPCERT/CC)         
  http://www.jpcert.or.jp/

  リンク先は当サイト外です。 JEITA 社団法人電子情報技術産業協会/
    パーソナルコンピュータ(PC)安全・安心
    http://home.jeita.or.jp/cgi-bin/page/detail.cgi?n=75&ca=14

  リンク先は当サイト外です。 日本コンピュータセキュリティリサーチ株式会社
  http://www.jcsa.jp/

  リンク先は当サイト外です。 株式会社ラック/
    注意喚起の記事
    https://www.lac.co.jp/lacwatch/alert/

  リンク先は当サイト外です。 エフセキュア株式会社/
    エフセキュアブログ
    http://blog.f-secure.jp/

  リンク先は当サイト外です。 フィッシング対策協議会 (Council of Anti-Phishing Japan)
  http://www.antiphishing.jp/

  リンク先は当サイト外です。 警視庁/ 警視庁について/
    こんなときこそ110番(通報したい時)
    http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/jiken_jiko/110/110_110.html
    こんな時は、もう一つの110番(#9110: 悩みごと・相談ごと)
    http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/jiken_jiko/110/110_9110.html


ベンダーのサイトなどで定期的な情報収集をされることを強くお勧めします。







目次へ戻る